Facebook
Facebook

BLOG

新築後28年目のペンキ塗替え

新築後28年目のペンキ塗替え
新築後28年目のペンキ塗替え
新築後28年目のペンキ塗替え
新築後28年目のペンキ塗替え
1994年設計の鉄筋コンクリート4階建の道後商店街・竹屋ビル。新築から28年が経過し、屋上の塔屋部分のペンキの塗り替えの手配を頼まれた。新築と違いちょっとした補修工事の段取りは意外と難しい。 事務所を開設して35年、30、40代に設計監理した物件の補修、改修工事を頼まれることが多くなってきたが、職人の高齢化と不足に四苦八苦していた中で、職員集団の増改築Kイチさんに相談したら、良心的な見積額で受けていただいた。 Kイチさん、ありがとうございました。

令和3年度 建築士定期講習

令和3年度 建築士定期講習
令和3年度 建築士定期講習
3年毎に建築士は定期講習を受講する事が義務づけられ、令和3年に受けなければいけなかったがコロナ禍で、教室に大勢で集まる講習会が延期になることが多く、令和4年になってやっと受講する事になりました。(少し焦った!) 今回は会場で講習を受けなくても、自宅でWEB講習会で自習し夕方1時間の試験を受ければよかったので助かりました。 毎回、朝から講師の抑揚のないテキスト解説にウトウトする事が多く、肝心なところを聞き逃してしまうことが多かったがWEB講習だと集中して聞けたので理解度が上がったような気がしました。 今回の主なポイントは、CO2削減に通じる省エネ性能、耐震性能の向上、既存建物の有効利用の促進など少子高齢化社会、自然災害などを反映された内容でした。

木造在来工法の建て方に思う

木造在来工法の建て方に思う
木造在来工法の建て方に思う
木造在来工法の建て方に思う
木造在来工法の建て方に思う
木造在来工法の柱材は戦後植林された人工林の杉、桧が主流である。 柱に使われるのは30~40年生が多く、それ以上に育った中目材は最近、梁などの横架材に使われ始めているが市場に十分出回っているとは言えない。 プレカット工法の普及もあり梁には米松が使われることが多いが、杉、桧材などを有効に使用したいものである。

三間町、築268年の毛利邸の現地調査

三間町、築268年の毛利邸の現地調査
三間町、築268年の毛利邸の現地調査
三間町、築268年の毛利邸の現地調査
三間町、築268年の毛利邸の現地調査
西予市三間町の築268年の古民家・毛利邸の作図のための現地調査を、日本建築家協会愛媛地域会と香川大学生との協働で開始した。 古民家の現調は、地味な作業の繰り返しではあるが、いろいろなきずきがあり楽しめる。 今回は360度カメラでの撮影、メジャーでの手作業、ドローンからの撮影など新旧のツールを駆使している。  

住宅性能評価の交付例

住宅性能評価の交付例
住宅性能評価の交付例
住宅性能評価の交付例
最近、木造住宅の「住宅性能評価」の申請をしてみました。 この申請は、住宅の性能について第三者が評価し、住宅所得者に対して住宅の性能に関する信頼性の高い情報を提供するしくみで、医療関係で例えると、セカンドオピニオンのようなイメージです。 今後は、デザイン以外の重要な要素になっていくと考えます。

木製杭の地盤改良工事

木製杭の地盤改良工事
木製杭の地盤改良工事
木製杭の地盤改良工事
木製杭の地盤改良工事
木造2階建新築工事の住宅地にある敷地に、間伐材を利用した木杭による地盤改良にトライしました。 周辺環境を考慮し、低騒音、低振動のこの工法を選択しました。 狭小住宅なので今回使用した本数は26本、朝から手際よく作業が進み午後3時には杭頭のレベルを調整して工事完了、残土処理もなく綺麗な現場でした。

シンポジウム「えひめ、建築のこれまでとこれから」

シンポジウム「えひめ、建築のこれまでとこれから」
シンポジウム「えひめ、建築のこれまでとこれから」
シンポジウム「えひめ、建築のこれまでとこれから」
シンポジウム「えひめ、建築のこれまでとこれから」
 事後報告ですが、11月7日(土)に、えひめ名建築発掘発信シンポジウム「えひめ、建築のこれまでとこれから」が開催されました。 伊藤豊雄 氏の基調講演「自然が蘇る建築」の後、宮畑周平 氏による「えひめの建築めぐり」のスライド上映、休憩をはさんでパネルディスカッション。 コーディネーターは曲田清維 氏(愛媛大学名誉教授)、パネリストに伊藤豊雄 氏(建築家)、松隈洋 氏(京都工芸繊維大学教授)、花岡直樹 氏(愛媛県建築士会理事)、宮畑周平 氏(編集者・写真家・ライター)が登壇。  スライド上映の中で24年前に設計監理させてもらった「久万青銅之回廊」が紹介された、41歳で粗削りだったが、しっかりしたコンセプトのある建築になっていた。 初秋に施主の息子さん(建設当時、小学生)に現地で会う機会があり「庭の芝を張り合え整備し、多目的にこの施設を活用したいんです!」との言葉が、とても頼もしく光栄に思えた。

徳島・上勝町の2回目の視察旅行 Part1

徳島・上勝町の2回目の視察旅行 Part1
徳島・上勝町の2回目の視察旅行 Part1
徳島・上勝町の2回目の視察旅行 Part1
徳島・上勝町の2回目の視察旅行 Part1
 8月1.2日、徳島・上勝町に2度目の視察旅行に行きました。 昨年12月に建築士のグループで日帰りで視察したのですが、内容の濃い地域だったので、取りこぼしたような気がしていて、エヒメデザイン(=EDA)協会未完塾のオブザーバー的な立場で参加しました。  12月の視察後、EDAでレポート的にスライド報告会をしたところ反響があり、今回の企画になりました。 学校が夏休みに入った事もあり、高校生、小学生の参加があり盛り上がりました。  新ゴミステーション&HOTEL WHY は建築家「中村拓志」氏のデザインで、10年前に、この新ゴミステーションを意識して、10年前に建設したマイクロブレワリー「RIZ&WIN」で試した手法を持ちている。

窪野町北谷のホタルの小川

窪野町北谷のホタルの小川
窪野町北谷のホタルの小川
窪野町北谷のホタルの小川
来年のホタル祭り会場・正八幡神社の近くの小川にホタルが飛び始めている。 一昨年、西日本豪雨災害で土砂と一緒に幼虫、カワニナが流され、昨年は県内全体的にホタルの数が減っていたが今年は回復し始めている、来年の開催時期はもっと多くのホタルの乱舞が観れたら素晴らしいと思う。 近くに住んでるH氏が言うには、20〜20:30時が一番飛び交うとか。確かに!

屋根・破風板の補修工事

屋根・破風板の補修工事
屋根・破風板の補修工事
屋根・破風板の補修工事
屋根・破風板の補修工事
古い形式の建物(みのこ造りと言われている)の多いTO市の知人宅の屋根・破風板の塗装が剥がれているので補修の相談に乗って欲しいとの事で現地を訪れてから、少し時間がかかったが、先週、漆喰塗の補修工事が完成して見違えるように白く輝いていた。 検討する中で、安価な塗装工事での補修も検討したが、耐久年数が短く不採用とし、高価ではあるが耐久年数の永い左官工事の漆喰塗を選択し、5名の左官職人さん達に屋根上の作業を短期間に行ってもらって世帯主に喜んで頂いた。

CONTACTお問い合わせ

TEL 089-993-5335

お家に関することなら、
何でもお気軽にお問い合わせください。

CONTACT